ボロボロの歯の治療

【ご予約・お問い合わせ専用ダイヤル】 0276-49-5489

大規模駐車場 完備

09:0013:00受付 12:30

14:3018:00受付 17:30

※休診:日曜・祝祭日

メール相談 LINE相談 初診専用WEB予約

imageimage

ボロボロの歯の治療

image

ひどい虫歯/ひどい歯周病で、
ボロボロ」になった歯の総合治療

次のような方、ご相談ください。

  • 歯医者にトラウマがあり行きたくてもいけない
  • 口の中を診られるのが恥ずかしい
  • 治療時の痛みが我慢できない
  • 不必要な治療をされそうで怖い
  • 治療前
  • 治療後

ボロボロの歯を包括治療で改善させたケース。

  • 治療前
  • 治療後

ボロボロの歯を包括治療で改善させたケース。

  • 治療前
  • 治療後

ボロボロの歯を包括治療で改善させたケース。

  • 治療前
  • 治療後

ボロボロの歯を包括治療で改善させたケース。

  • 治療前
  • 治療後

ボロボロの歯を包括治療で改善させたケース。

  • 治療前
  • 治療後

ボロボロの歯を包括治療で改善させたケース。

「痛み・恐怖心・不信感」を払拭する環境がココにあります!

会話

歯がボロボロの方の多くは、過去の歯医者での体験で、歯医者にトラウマを持ってしまっている方が多くいらっしゃいます。

そのため、歯医者に行かなければならいことは理解しつつも、なかなか一歩が踏み出せないのではないでしょうか?

歯医者がトラウマになってしまう理由の多くは下記になります。

  • 治療時の痛み
  • 嫌なことを担当医に言われた
  • 説明の無いまま治療が進められた
  • 不必要な治療が行われた

これらに対して、当院ではどのような対応を行っているかをご紹介します。

治療時の「痛み」へ最大限の配慮

会話

当院の治療は「痛みが少ない」ことで患者さんから高い評価を得ています。
また、中には「痛みを感じなかった」とおっしゃる方もいます。

どのようにして痛みを軽減させているのかをご紹介します。

じっくり効かせる「2STEP麻酔法+α」を採用

表面麻酔 電動麻酔
表面麻酔 電動麻酔
麻酔注射をするに、注射部位を麻酔し、注射時の痛みを最小限に抑えます。 麻酔液の注入スピードが一定でないと細胞が膨張し痛みの原因となります。注入スピードを一定にする電動麻酔を利用します。

上記が基本となりますが、当院では+αとして、極細の注射針を利用しています。
蚊に刺されても痛みを感じないように、注射針が細ければ細いほど痛みが少なくなります

針

当院では医療機関で購入できる針の中でも特に細い針を利用しています。

針の太さはG(ゲージ)という単位で表現し、数字が大きければ大きいほど細い針になるのですが、当院では35Gの針を利用しています。
通常は31Gの針が利用されています。

当然のことですが、歯がボロボロでも怒ったりはしません

会話

歯を見せたらドクターに怒られた」という話を聞くことがあります。
そのドクターからすると、「なんでこのような状態になるまで放っておいたの」という気持ちからの発言だと思うのですが、これは一方的な発言です。

患者さんも、このような状態になるまでただ放っておいたわけではないと思います。

ドクター

また、怒ったとしても、歯がボロボロになっている事実は何も変わりません
この状態をいかに改善すべきかを前向きに考えていかなければなりません。

怒られたらどうしよう

当院では、そのような不安は不要です。
一緒に、どうしていくべきかを話し合いましょう!

「納得されるまでの説明」そして「不必要な治療」はしない

説明

これは医療機関として当然のことです。
特に多くを述べる必要のない部分ではあるのですが、これらを徹底せず、治療を進めてしまうクリニックも少なからず存在します。

医療行為は患者さんの身体に介入する行為ですので、すべての決定権は「患者さん」が持っています。そして患者さんは「医療に関しては素人」ですので、私たちが患者さんの「理解と納得」を得られるまで、しっかり説明する義務があります。

また、私たちプロの目から見ると「不必要」と判断せざる得ない治療も存在します。

ドクター

利益を追求しているのか、もしくは、担当医がやってみたい治療を患者さんに試しているのかは分かりませんが、あってはならないことです。

当院では事前にしっかりとした「治療計画」を作成し、患者さんにご説明します。なぜこの治療が必要なのか、なぜこのくらい期間がかかるのかをすべて根拠を提示しながらお伝えしています。

「プライバシー」への配慮/「個室」の空間

カウンセリング

診療

当院には「個室」のカウンセリングルーム、「個室」の診療室がありますので、周りの目を気にせずにお話し、そして治療に専念いただけます。

話しにくいこと、聞きにくいこと等、遠慮はいりません。
お話から、すべてが始まります。

各分野の担当医による「チーム医療」

集合

ボロボロの歯の治療は、1つの治療法で対応するのではなく、虫歯、歯周病、外科、咬合等、様々な分野の知識・経験が必要になります。そのため、当院では複数ドクターによるチーム医療を実践しています。各ドクターを簡単にご紹介します。

「チーム医療の実践」

  • Dr.嶋﨑
  • Dr.高橋
  • Dr.熊澤

各ドクターの経歴等の詳細は「歯科医師・スタッフ」のページをご覧ください。

最後に、ボロボロの歯の治療はどの医院でも行えるものではありません

先ほども簡単にお伝えしましたが、ボロボロの歯の治療は、簡単な治療ではありません。一部の治療ではなく、お口全体の治療となりますので、担当医の知識/経験/技術力が必要となります。

そのため、どの医院でも対応できる治療ではありません

当院では複数のドクターによるチーム医療の他、治療の精度を向上させるため、精密機器を多用した治療を行います。機器の一部をご紹介いたします。

CT(三次元立体画像撮影装置)

CT

従来のレントゲン(2次元)では見えなかった、立体的な顎の構造や神経の位置、病巣部位などを映し出すことができる装置です。診査診断で利用することで、精度の高い治療計画の立案が可能になります。

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)

マイクロスコープ

肉眼の何十倍も視野を拡大してくれる装置です。歯はミクロン単位の治療となるため、ケースによっては肉眼だけでは限界があります。その際に、マイクロスコープを利用することで治療の精度を高めることが可能になります。

最後になりますが、ボロボロの歯のままだと、歯だけでなく身体にも悪影響を与える可能性があります。例えば、「歯周病」。この病気は下記の病気との関連性が報告されています。

ドクター
  • 糖尿病
  • 早産/低体重児出産
  • 肥満
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞

また、ボロボロの歯は、あなたの心にも深い影を落としてしまいます。

包括的な治療を行うことで、より健康的で、より美しい歯を創造することができます。
諦めないでください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

足利おとなこども歯科・矯正歯科

  • 初診専用 WEB予約
  • LINE相談
  • メール相談

【ご予約・お問い合わせ専用ダイヤル】 0276-49-5489

〒326-0831 栃木県足利市堀込町2474-1 福居町モール内

Google Mapで確認

このページの先頭に戻る