根管治療

【ご予約・お問い合わせ専用ダイヤル】 0276-49-5489

大規模駐車場 完備

09:0013:00受付 12:30

14:3018:00受付 17:30

※休診:日曜・祝祭日

メール相談 LINE相談 初診専用WEB予約

imageimage

根管治療

image

成功率90%
来院回数1回~3回
「米国式」根管治療も選択可

  • 可能な限り抜歯を回避
  • 再発を防ぐ

ご自身の歯を大切にしたい方。
ご相談ください。

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

成功率の高い「米国式」の根管治療とは?

院長

当院では一般的に行われている根管治療(日本式)の他、 高い成功率を誇る「米国式」の根管治療の2つに対応しています。

それぞれのメリットデメリットをお伝えし、 患者さんにどちらを選択するかを判断いただいています。

日本式と米国式の違いを簡単にお伝えすると「日本式」の場合は「日本の保険制度」内で行う治療になります。保険で行える内容は、利用できる材料や治療にかけられる時間に制限があります。しかし、米国式の場合はその制限をなくします

日本式と米国式を簡単に「比較」したものが下記になります。

「日本式と米国式」根管治療の比較

日本式
日本
米国式
アメリカ
ラバーダム利用 ×or
利用する道具 ステンレスファイル
※精密な治療が難しい
ニッケルチタンファイル
※精密な治療が可能
マイクロスコープ利用 ×or
来院回数 4回~8回の来院 1回~3回の来院
治療薬 ゴム
※再発リスクあり
MTA
※再発リスクが低い
被せ物 保険適用の素材
※精度が低い
保険適用外の素材
※高精度

どちらを選択されるかは、患者さんの自由になります。
もちろん「日本式」を選択された場合でも、その中での「最良」を目指した治療を行います。

治療の精度を高めるための「3つのこだわり」

治療精度を高めるために当院がこだわっているのは「視野の拡大」「CT診断」「無菌状態での治療」の3つになります。それぞれご紹介します。

「視野の拡大」

マイクロ

根管内は様々に分岐し、暗く、ミクロン単位での治療が必要になります。

そのため「肉眼」では視野に言外があるため、当院では「高倍率ルーペ」もしくは「マイクロスコープ」を利用し、肉眼よりも数倍~数十倍も視野を拡大した状態で治療を行います。

高倍率ルーペ(視野を数倍拡大)

ルーペ

肉眼よりも数倍の視野を拡大できる道具です。
マイクロスコープよりも拡大率は低いのですが、操作性に優れます。

マイクロスコープ(視野を数十倍拡大)

マイクロ2

歯科用顕微鏡とも呼ばれ、肉眼よりも数十倍の視野を獲得できます。

下の画像をご覧ください。
同じ部位」を肉眼とマイクロスコープで見た際の視野の比較になります。

  • 治療前
  • 治療後

どちらの方が精度の高い治療ができるかは一目瞭然ですね。
高倍率ルーペやマイクロスコープを利用することで、次のメリットが生じます。

  • 治療回数の短縮
  • 成功率の向上
  • 抜歯リスクの低下
  • 再発率の低下

「CT診断」

CT

当院では、3次元で撮影できるCTを活用した診断を行っています。

一般的にはCTではなく、2次元で撮影するレントゲン診断が行われていますが、ケースによっては状況が鮮明に分からないことがあります。例えば次のケースをご覧ください。

この画像は同じ部位をCT(左)とレントゲン(右)で撮影したものになります。
「左の画像」には黒い影がありますが「右の画像」には黒い影がないと思います。

  • 比較3
  • 比較4

実は、黒い影は問題が発生している部位です。
つまり、レントゲンだけで診断した場合は、「問題ない」と判断してしまうため治療は行われません。そうなると、この歯は徐々に悪化し、最終的には抜歯の運命をたどっていたでしょう。このようなことを回避するため、当院ではCT撮影を実施しています。

「無菌状態での治療」

治療

他の治療と比べ、根管治療は「再発率が高い」治療になります。
その理由は、治療中に根管内に細菌が入り込んでしまう事があるためです。そのため、いかに「無菌状態」を作れるかがポイントになります。

取り組み1「ラバーダム防湿」の利用

ラバーダム

治療部位をゴムで覆い、根管内に細菌が入り込むことを防ぐ道具になります。

取り組み2削りカスを溶かす「各種薬剤」

EDTA

「高濃度次亜塩素酸水」「EDTA」で根管内の削りカスを溶かし、消毒することで根管内をクリーンな状態にします。

取り組み3封鎖性の高い「MTAセメント」

MTA

根管内の神経を除去した後、根管内を緊密に塞ぐ工程に入ります。一般的には「ガッタパ―チャ」と呼ばれる素材を利用するのですが複雑な構造の根管内をこのガッタパ―チャでは完全には塞ぎきれ ないことがあります。その際には、「MTAセメント」を利用します。根管内を隅々まで緊密に塞ぐことができる他、殺菌作用歯の組織再生効果もあり、予後が良好になります。

根管治療後の「被せ物」の精度も成功率に関係します

根管治療後は被せ物をするのですが、被せ物にも「精度」があります。
この被せ物の精度も治療の成功率に影響を与えます

「精度が悪い被せ物とは(保険の素材)」

銀歯

精度が悪いと、歯と被せ物に隙間が空き、そこから細菌が入り込み再発の原因になることがあります。

「精度が高い被せ物とは(自費の素材)」

セラミック

精度が高い被せ物は、歯と被せ物の隙間がほぼなく、細菌が入り込む余地がありません。また噛み合わせも調整されており、長期的な問題も回避されます。

下の表をご覧ください。
「根管治療」の精度と、治療後に装着する「被せ物」の精度による成功率の違いです。

「根管治療」の精度 「被せ物」の精度 成功率
パターン① 〇高い精密度 〇自費 91.4%
パターン② △中度の精密度 〇自費 67.6%
パターン③ 〇高い精密度 ×保険 44.1%
パターン④ ×低い精密度 ×保険 18.1%

つまり、治療の成功率を高めるためには「精度の高い根管治療」だけでなく「被せ物の精度」も高めなければなりません。

最後に、ドクターからのメッセージ

根管治療はとても繊細で難しい治療となります。
そして、歯を守るための、最後の砦となる治療でもあります。

院長2

冒頭でもお伝えした通り、当院では「日本式」と「米国式」の2つの治療法を採用しています。

どちらを選択するかは患者さんの選択にゆだねられます。
そしてどちらを選択されたとしても、私たちは最善を尽くします。

しかし、

  • 歯の寿命を延ばしたい
  • 再発を防ぎたい
  • できるだけ短期間で治療を終えたい

このようなご要望があるかたは「米国式」をご選択ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

足利おとなこども歯科・矯正歯科

  • 初診専用 WEB予約
  • LINE相談
  • メール相談

【ご予約・お問い合わせ専用ダイヤル】 0276-49-5489

〒326-0831 栃木県足利市堀込町2474-1 福居町モール内

Google Mapで確認

このページの先頭に戻る